平川弘(ひらかわ ひろし)

1965年1月10日生まれ、藤沢市出身。茅ヶ崎高から順天堂大に進学。卒業後は日産自動車サッカー部に入り、Jリーグ創設後は横浜マリノスでプロのキャリアをスタート。元々はFWだったが、主に左サイドバックで活躍した。その後は横浜フリューゲルス、コンサドーレ札幌と渡り歩き、96年に退団して現役引退。順天堂大時代に日本代表に選出され、85年W杯メキシコ大会アジア予選など国際Aマッチ13試合に出場した。現在はサッカー解説者。北海道新聞、道新スポーツ、月刊コンサドーレなどで執筆中。

関連する記事