ファイターズ
2022/11/20 22:50

野村 目指すは内川氏 アベレージ型4番へ「いいお手本です」

鎌ケ谷で秋季練習に励む野村。目指すは内川氏のようなアベレージヒッターだ(撮影・近藤裕介)

セ・パ両リーグで首位打者獲得、稀代のヒットメーカー

 目指すは右のヒットメーカーだ―。千葉・鎌ケ谷での秋季練習に励む日本ハムの野村佑希内野手(22)が20日、理想とする打者に今季限りでNPBを引退した内川聖一氏(40)の名前を挙げた。セ・パ両リーグで首位打者と最多安打のタイトルを獲得した好打者のように、来季は安打量産に重きを置いてチームに白星をもたらす。

 猛者たちを相手に戦ってきたからこそ、自分の立ち位置を明確にすることができた。中軸として期待されている野村は、長打力よりもバットコントロールを優先し、チームの勝利に貢献するつもりだ。

今季6本塁打…自らの立ち位置を再確認

 今季はロングヒットを求めて臨んだが、負傷の影響などもあり、本塁打は昨季の7本にも及ばず6本にとどまった。「もちろん長打を打てることに越したことはない」と前置きした上で「そこでタイトルを争うとなると…。いざ、ホームランバッターを目の前にした時に自分と違うものをいろいろと感じた」と振り返った。

 周囲と自らを比べ、優位に立てる部分はどこかを考え直した。「僕はフォアボールが取れない。先にどんどん打っちゃうので。逆に捉えれば、打率が上がるってことは、人より多くヒットを打っているということ。そういうところが長所」との答えにたどり着いた。

長所伸ばして中軸に「試合に出られなかったら意味がない」

 積極的に仕掛け、安打を重ねていくスタイルが染み付いている。1軍出場を果たした2020年から打率は.257→.267→.279と年々上昇している。安打量産型の中軸として他球団のエースに立ち向かっていく。

 「そこ(長打)に振り切って、今の長所がなくなってしまったら本末転倒じゃないですか。試合に出られなかったら意味がない」と言い切る。

 理想とする4番がいる。DeNA、ソフトバンク、ヤクルトで活躍した内川氏だ。「内川さんは最多安打だったり首位打者(を獲得している)。ソフトバンクで4番を打ったりしていたので、いいお手本です」。計2186安打を放ち、通算打率でも3割(.302)を超えるヒットメーカーの背中を追っていく。

 5日に行われた侍ジャパンとの強化試合でも「4番・三塁」で先発し、2本の適時打を放って存在感を示した。アベレージヒッターとして生きる覚悟は固まった。あとは自分で道を切り開いていくだけだ。

あわせて読みたい