ファイターズ
2022/09/29 00:40

伊藤大海が札幌ドーム最終戦を3者凡退締め「すごく成長させてもらった場所」

札幌ドーム最終戦の九回を3者凡退で締めた伊藤

■日本ハム3-11ロッテ(28日、札幌ドーム)

 札幌ドームへの感謝を伝えるため、いつもよりも長くマウンドのプレートに右手を添えていた。伊藤大海投手(25)が8点ビハインドの九回から登板。8球で3者凡退に仕留め、「フォアボールを出さなくて良かった」と安堵の表情を浮かべた。

「最後なので、いろんな感謝を込めて投げました」

 故郷・鹿部町から父・清光さんと母・正美さんが観戦に訪れる中、道産子右腕が日本ハムの投手として本拠地・札幌ドームで最後のマウンドに上がった。「最後なので、いろんな感謝を込めて投げました。張り詰めた空気を何とか変えるのは全力投球しかない」。大敗ムードが漂う中、力強いボールを投げ込み、4万1138人の観客を沸かせた。

 小学5年の時。日本ハムの紅白戦を観戦するため、札幌ドームに初めて足を運んだ。お目当ては絶対的エースとして君臨していたダルビッシュ有(現パドレス)。残念ながら登板はなかったが、ベンチ前でキャッチボールする姿に胸を高鳴らせた。

札幌Dで7勝 印象に残るのは千賀と投げ合い完封勝利

 プロ入り後は札幌ドームで7勝をマーク。一番印象に残っている試合には、ソフトバンク・千賀に投げ勝ち、本拠地初完封勝利を飾った5月13日のソフトバンク戦を挙げた。

 「良い思いも悔しい思いもこの2年間で多くさせてもらった。すごく成長させてもらった場所ではあるので、来年以降、生かしていけたらいい」

 本拠地ラストゲームを終え、来季から戦いの舞台を「エスコンフィールド北海道」に移す。「感慨深いですね」。新球場でも伊藤大海らしくガムシャラに腕を振る。

あわせて読みたい