ファイターズ
2024/05/16 17:00

《大海の部屋》vol.03 伊藤大海が仲間について大いに語る 先発ピッチャー陣、女房役の素顔をぶっちゃけます!

 

〝大海目線〟で交流の深い8選手を紹介

 日本ハム・伊藤大海投手(26)の連載手記「大海の部屋」第3回は、リーグ優勝、日本一を目指して共に戦う仲間たちを紹介します。チームメートだからこそ知る、あの選手の意外な素顔とは!? 道新スポーツデジタルが作成した相関図をもとに、日頃から接する機会が多い8選手について語り尽くしてくれました。

■松本剛外野手(30)

お隣さんの選手会長に全幅の信頼

 エスコンのロッカーは扉を挟んで剛さん、横は北山です。前からちょこちょこ話してましたけど、剛さんとはロッカーが近くなって、より話すようになりました。その日の試合展開とか、こうなりそうだなとかいう話をしながら、登板日には『きょう何点ですか?』って聞きます。それがだいたい、当たるんですよ。ロースコアを予想して、『きょう2点』みたいな日もあるし。適当じゃないんです。ちゃんと見込みを言ってくれる。開幕戦は『4点取る』と言って、本当に4点取った。験担ぎじゃないですけど、登板日に僕と目が合うと、ニヤニヤしてきます。

チームを鼓舞する声かけ 「すごくいいなあ」

 選手会長として、若い選手が多い中、あまり気負わせすぎず、明るくチームを引っ張ってくれています。ロッカーの雰囲気もいいですし、ゲーム中のベンチでの声かけ、守備に行く時、守備から戻ってきて攻撃に行く時の声かけは、耳に入ってきてすごくいいなあと思ってます。

《ピックアップ》【一問一答】「4点取る」有言実行の松本剛 「やっぱり大海。今日の1勝は大きい」

■加藤貴之投手(31)

優しさいっぱいの左腕 ネタ振りは全力で回避

 ありきたりですけど、優しいです。気を使わせない天才というか、加藤さんがいると場が和むんですよね。ぼそっと面白いこと言ったり。面倒見いいですね。僕は絶対、何か振られたりしても絶対にやらないタイプ。加藤さんが振ってくるだろうなというタイミングで、先に僕が(北山)亘基とか金村に振るようにしています(笑)。

実は捕手泣かせ!? 「あのコントロールが欲しい」

 ピッチングはタイプが違いますけど、勉強になりますね。自分のボールにブレないものがあるので、勝ってようが負けてようが、いつも自分のピッチングができる。キャッチャーが大変ですね。あそこまで変化球が良くて、コントロールがいいと、正解に近い配球をしないといけないので。どんな時でも自分の球を要求されたところに投げるっていうのはすごい。160キロとあのコントロールだったら、僕はあのコントロールが欲しいです。160キロを投げるピッチャーは世界にだいぶいますけど、あそこまで四球を出さないピッチャーはたぶん何人かしかいないですよ。

《ピックアップ》【一問一答】加藤貴之 121球完封で今季初勝利「ホント田宮がいいリードしてくれました」

■山崎福也投手(31)

風のように現れ風のように去る 謎多き左腕

あわせて読みたい