ファイターズ
2022/12/08 21:00

根本「中盤で粘れれば、勝てる投手になれる」上沢、加藤、伊藤の背中追う

鎌ケ谷で自主トレに励む根本

手本は先発3本柱 目指すは勝てる投手

 先発3本柱に続く! 日本ハムの根本悠楓投手(19)が8日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを行い、先発ローテーションの核を担う加藤、上沢、伊藤を〝猛追〟する意欲を見せた。今季、チームではこの3投手だけが規定投球回(143イニング)に到達。白老出身の道産子左腕はプロ初勝利を含む3勝、防御率2.52をマークしたが、投球回数は60回⅔にとどまった。

 先輩たちとの差を少しでも縮めるべく、来季の目標は100イニングに設定。手本はやはり「加藤さん、上沢さん、大海さん」の3人だ。「最初の方に失点してもその後をしっかり抑えて、なんだかんだクオリティースタート(6回以上を投げ3失点以内)とか、長いイニングを投げている。そういうところがすごい」と理想に掲げ、「序盤に失点したら結構中盤がきつくて、五回で降りたりが多かった。そこでもう一つ粘れれば勝てる投手になれるのかな」と成長のイメージを思い描いた。

制球王に学ぶ「投げるしかない」

 特に同じ左腕の加藤には、強い敬意を抱いている。シーズン中には3ボール時の対応について質問し、「テキトーに投げる」と〝らしい〟助言をもらったこともあった。「加藤さんは投球フォームのリズム感が良い。あとは(狙いから)ズレても(ストライク)ゾーン内で投げミスするイメージ。そこですね。自分はズレると大きく外れる。それがもったいない」。今季11四球で歴代シーズン最少記録を更新した〝制球王〟と自身との違いを分析しつつ「加藤さんも自分で去年くらいからようやくつかんできた、フォアボールも少なくなってきたって言っていたので、投げるしかない」。焦らず経験を積んでいくつもりだ。

メジャー挑戦を表明した上沢の穴埋めになれれば

 3本柱の一人は、再来年にはチームを去るかもしれない。エースの上沢が、1日の契約更改で球団に2024年シーズンからのメジャー挑戦を志願した。根本は「プロ野球選手ならメジャーに行きたい人が多いと思う。自分の夢、やりたい場所に行くのはいいと思う」と応援しながらも、「チームとしては結構痛い」と正直な気持ちも明かした。頼れる右腕の米国行きが決まれば、若手にかかる期待も増す。「上沢さんレベルの活躍はできないですけど、ちょっとでも(穴を)埋められれば良いかなと思っています」。控えめながらもしっかりと、戦力としての自覚を見せた。

 イニングを稼げる投手になるため、体力の向上は必要不可欠。オフに入っても4勤1休ペースで自主トレを継続し、走り込んで下半身をいじめる日々を過ごしている。「長い距離と短い距離では、走る時に使う筋肉が違う。いろんな鍛え方をしようと思って」と、日ごとに走行距離を変えるなど工夫をこらし、試合後半でもバテない強じんな身体を構築中だ。

 加えて、技術面にも進化を求める。「一個一個のボールの精度を上げないと、長いイニングを投げるのは無理。(今は)一つ一つの制球がアバウトで、精度に自信がある球種があまりない」と現状の課題を口にする。「(得意のスライダー以外に)もう一個、落ちるチェンジアップの精度を上げたり、直球をもう少し内外に投げ分けられたら、もっと楽」と、日々のキャッチボールなどで成長のヒントを模索している。

地道にコツコツと大投手への道を歩む

 地味な練習も苦にせず、地道にコツコツ前進を続ける19歳。いつか加藤、上沢、伊藤にも負けない大投手になって、地元球団を日本一に導いてみせる。

あわせて読みたい