ファイターズ
2022/11/25 23:00

松本剛「光栄」首位打者&ベストナイン表彰 「来年はたくさんで来られるように」 NPBアワーズ

NPBアワーズで首位打者とベストナインの表彰を受けた松本剛(球団提供)

苦節11年目の初タイトル

 日本ハムの松本剛内野手(29)が25日、東京都内で行われたNPBアワーズに出席し、首位打者とベストナインの表彰を受けた。今季プロ11年目で初めてタイトルを獲得し「素直にうれしかった。受賞できて大変光栄」と感謝。来季、再び同じ舞台に戻ってくることを誓った。

 黒のスーツでビシッと決めた松本剛が、村上(ヤクルト)、山本(オリックス)ら豪華メンバーが集結した表彰式で笑顔を輝かせた。けがに苦しみながら、ようやくつかんだ栄誉。ベストナイン表彰では侍ジャパンの指揮官を務める栗山前監督から「神様は見ているな」と声をかけられ、「ずっと諦めずにやってきて良かった」と喜びをかみ締めた。

 視線はすでに2023年だ。今年、日本ハムからの出席者が1軍では一人だったことを踏まえ、「寂しさを感じたので、来年はたくさんで来られるように。僕もそのうちの一人になりたい」と力を込めた。

来季も受賞狙う「僕しか2年連続のチャンスはない」

 新庄監督は「来年、首位打者を獲ったら多分(年俸)2億になる」と期待。来季、背番号7を付けるスター候補は「僕しか2年連続のチャンスはないので、そこは存分に狙っていきたい」と意気込んだ。

あわせて読みたい