コンサドーレ
2022/11/03 22:30

復帰・荒野がサポーターへ最終戦勝利をプレゼントする 5日ホーム清水戦

けがから復帰し、清水戦出場の可能性が高い荒野

■3日、札幌・宮の沢白い恋人サッカー場

トップチーム関係者8人がコロナ感染

 北海道コンサドーレ札幌は、今季最終節となる5日の清水戦に向けて練習を行った。10月1日の川崎戦で左足を痛め、負傷交代、その後の試合を欠場していたMF荒野拓馬(29)が、今週から全体練習に完全合流。新型コロナウイルス感染者が続出して苦しい状況の中で迎える2022年のリーグラストマッチ。本拠地サポーターを歓喜に導く活躍を目指す。

勝てば1桁順位も「今いるメンバーでベスト尽くす」

 2日までにトップチーム関係者計8人が新型コロナウイルスに感染。厳しい状況下ではあるが、清水戦に勝てば18年の4位以来となる1桁順位も狙える。そんな中〝札幌のエンジン〟と呼ばれる男、MF荒野がピッチに帰ってきた。

 10月1日の川崎戦で前半途中に負傷交代。その後欠場が続いたが、今週の練習では順調にメニューを消化しており、清水戦での復帰の可能性が高い。「最後に苦しい状態ですけど、それは1年間ずっとそうだった」と、けが人が続出し、なかなかベストメンバーが組めなかった今季を振り返り前を向いた。

 前節の広島戦で残留を決め、平常心で臨める今季ラストゲーム。「今いるメンバーでベストを尽くす。ホーム最終戦なので、1年間一緒に戦ってくれたサポーターのためにも、自分たちはピッチで楽しくサッカーをして、結果をプレゼントしたい」。札幌のエンジンがチームを最高出力へ引き上げる。

あわせて読みたい