サッカー全般
2024/06/19 19:45

道文教大附がPK戦制して2年ぶりV 守護神GK尾形の父は日本協会GKコーチ【全道高校女子サッカー】

2年ぶり6度目の優勝を果たした道文教大附イレブン=撮影・西川薫

■全道高校女子サッカー大会最終日(6月19日、札幌・白旗山競技場)
▽決勝 道文教大附0-0(PK4-3)道大谷室蘭

12年連続同一カードの決勝制す

 道文教大附がコロナ禍で中止になった2020年を除き、女子大会が始まった12年から12大会連続の決勝戦同カードをPK戦で制して2年ぶりに女王の座に返り咲いた。道大谷室蘭は敗れたが、今年と来年のインターハイは室蘭で行うため、地元開催枠で決勝進出の2校が出場する。

GK尾形の活躍で通算6勝6敗

 道文教大附のGK尾形芽生(3年)が公式戦初のPK戦で2本を止め、2年ぶりの優勝をたぐり寄せた。「楽しかったです。でも悔しい、もうちょい止めたかった」。昨年までライバルとの決勝の戦績は5勝6敗で道文教大附の負け越しだったが、今回の優勝で再びタイに持ち込んだ。

データも駆使して1本目からPKストップ

あわせて読みたい