ファイターズ
2024/06/17 16:00

【父の日特別企画】伊藤大海の原点とは 漁師の父との二人三脚で磨いたスライダー

息子に似ていると言われる投球フォームを披露する伊藤の父・清光さん=撮影・中田愛沙美

プロ入り後は毎年連絡 今年は「家族のためにありがとう」

 日本ハムのエース・伊藤大海投手(26)は、毎年「父の日」になると父・清光さん(54)へ連絡を入れる。「プロ入ってからですね。ちゃんと伝えられるようになったのは」。16日にはLINEで「いつも家族のためにありがとう」とメッセージを送った。

16日の試合前練習での伊藤

 

「盛田幸妃杯」の会場となっていた山村広場多目的グラウンド

 故郷・鹿部町には、そんな父との思い出が詰まった場所がある。実家から車で数分の距離にある山村広場多目的グラウンドだ。

 鹿部町出身で大洋(現DeNA)などで活躍した故・盛田幸妃さんが創設した「盛田幸妃杯少年野球大会」の会場でもある同グラウンドは、外野に芝が敷かれ、サッカー場としても使用されている。函館東シニアに所属していた中学時代。伊藤は学校から帰ってくると、父を誘い出した。

日課だった清光さんとのマンツーマン練習

 「平日はびっちり僕からお願いして、野球の投げる、打つをマンツーマンでやっていました。父さんは短パンに長靴という訳分からないファッション。長靴は砂が入らないのがいいって言っていました」。口数が少なく、ちょっぴり怖かった父は、快く練習に付き合ってくれた。

山村広場多目的グラウンドで息子に似ていると言われる投球フォームを披露する伊藤の父・清光さん

 

現在も少年団「鹿部クラップーズ」で指導

 清光さんは、たこつぼ漁を営む漁師。早朝から漁に出る。「昼ごろに仕事が終わって昼寝して。(午後)3時くらいに起きて」。仮眠を取り、息子の帰りを待つのが平日のルーティンだった。学生時代、バレーボール部に所属していた父は、野球未経験だが「昔の子どもだからできるよ」。今も伊藤が所属した少年団「鹿部クラップーズ」で野球を教えている。

打って投げて ボール拾いも2人で

あわせて読みたい