ファイターズ
2024/01/09 19:50

《SHINJOの信条》今年はもうガンガン新庄剛志を出して楽しんで

 

―(自ら)
「あけましておめでとうございます。どうしたんですか、ファイターズの結婚ラッシュ。オレもはやりに乗ろうかなと思います(笑)。今年はね、一日一日を大切にしながら、もうガンガン新庄剛志を出して、楽しんで。一番は楽しんでやっていこうと思います。選手も成長していますし、フロントもすごい補強してくれて。本当に楽しみな年になると思います。めちゃくちゃ楽しみ。どんだけ補強してくれるんですか(笑)。あと4人くらいしてくれるかもしれない(笑)」

―就任3年目。プレッシャーは
「全くない。この2年間は多少のプレッシャーがありましたけど、今年はもう何か、解き放たれたかのようにプレッシャーがとれて。ちっちゃい頃、(何も考えずに楽しんで)野球をしていた。そのときのような気持ちになってます」

―今年の構想は
「もちろん。相手チームの研究、勉強は過去2年の倍以上はしていこうと思います」

―2024年をどう位置づけるか
「勝負の年です。もう土台はできたので。ある意味、ファンのみんなが思っているように若い子たちが成長してきて、今年はどうなるか、楽しみにしていますよね? その気持ちと僕は一緒ですね。1軍の経験はいっぱいさせたので。あとはもう、君たちでつかみ取ってくれと。これだけ給料が上がる球団、ないっすよ。ちょっと活躍してね。今年ね、3倍も4倍もなった選手、何人かいますけど、その選手に続くように。今年は期待しています」

―年末年始、補強の話題が多かった
「ねぇ。僕が一番びっくりですよ(笑)。これもね、エスコンの球場に来てくれたファンの方たちのおかげで補強できたと思っているので。もちろん、球団もある意味、本気を出してくれたと言うか。その誠意というものはファンの方たちも監督、コーチもね、ありがとうございますってね。気合が入っていますねーという感じですね」

―先ほど触れたが、このオフは結婚ラッシュ
「ねぇ。俺もついていこうかな(笑)。7人か8人? それも期待しているんですよね。やっぱり結婚したことによって支えないといけないという気持ちがものすごく強いと思うので。それで空回りしていくような選手じゃあ、もう活躍できないです」

―スタッフミーティングはどんな話し合いを
「ドラマというものは3作目、4作目が一番面白いと。今年が3年目で、クライマックスは今年、起きるので。必ずドラマをつくりますよ、という話と(キャンプの)1軍メンバー、2軍のメンバーの振り分け。見たい選手が多すぎて…1軍の枠もあるし。その振り分けは難しかったですね」

―新人合同自主トレが始まった。新人は見たか
「見ていないです。新人の子たちはゆっくり急いでね、やってもらえたら。分かります? ゆっくり急いでほしいんですよね。期待しているから」

―キャンプでは去年、初日に紅白戦をやり、実戦重視だった。今年は
「今年は3日目から紅白戦。去年、初日からやって、一番のポイントはキャンプが始まってすぐに紅白戦をやるので、すぐアピールできるように体をつくっておきなさい、というので。あとは、とにかく若い子たちの動きを見たい。若い子中心で紅白戦はやっていきたいと思います」

―今年は自分を出していくと話していたが
「もう何にも考えずにね。喜ぶ時は喜ぶし、悔しい時は悔しがるし、泣きたい時は…まあ最後になるかな(笑)。シーズン中は泣かない。はい。出していきます。だって、(昨年までは)あまり目立ってくれる選手がいなかったでしょ。そうしたら俺が目立とうかなって。またごたごたごたごた言われますけど(笑)。おまえは目立たなくていいよって。よく言うじゃないですか。選手より監督の方が目立ったらいけないとか。関係あるかって(笑)。目立ちまくるわって。ほっとけ俺の人生(笑)…でいきます」

―どんな1年にしていくか
「うーん、ドラマを起こしてほしいし、ドラマを起こすだろうし、それはね、ファンのみんなが思っていると。それに向かって。クライマックス(シリーズ)は最低でもいきたいですね、やっぱり。ワクワクするような試合をみんなに見せたいのが一番ですね」

―オーダーが悩みどころ
「悩むね。マジ悩む。でも、いい悩み。なんか1年目、2年目と全然違う悩みになっているし、前も言ったように監督としてダメな部分は、かわいそうだなとか、この日、出したいなとか捨てて、さらにやっていくというところは、流れ星に向かって誓いました(笑)」

―初詣は
「行かない。行かない、行かない。なんで行かないかと言うと、そこでお願いしますよね。願い事がかなわなかったら、その神社のせいにしてしまうから。本人の責任にしたいから。あまり好きじゃない。でも、おみくじを引いたら、大凶を引きたいタイプ。大吉だとちょっと嫌だから。なんか、みんな大吉で喜ぶのが嫌い。大凶がいい。引かないですけどね」

―4番は
「誰がいい? 誰がいいですか?」

―新外国人のレイエスもいて、分からない
「おれは言いたいタイプなんですよ。おまえ、4番で行くぞと。今年は言わない。争えと」

―キャンプの時に争わせて
「そうですね。固定じゃなくて、一番調子の良い選手を開幕で4番にもっていって、さあどうなるかというところ。外国人が来たから遠くに飛ばすから4番というのはつくらない」

―指名打者の起用法は
「そこね~。まあまあまあ、守れないからね、たぶん、レイエスくんは。見ていないけど。たぶん守れないと思う。なんか体重が…太ったって。デカイ。デカくても走れる選手はいますけど。DHのみでしょ。ダメだったら2軍でしょ。仕方ないよね。だって守れないんだから」

―マルティネス、郡司とか
「ジェイ(野村)もいるし。あと、スティーブンソンもあまり肩が強くない。送球を僕は大事にするから。そういうところでDHとかも面白いかなというところ」

―柔軟に入れ替えていくしかないか
「いや、結局は固定しますよ。最終的に流れを見ながら」

―キャンプ次第で
「でもキャンプを見ただけでは、分からんでしょう。オープン戦。シーズン入ってもまた変わってくるだろうし。それが一番の楽しみじゃない」

―うれしい悩みか
「ね。去年もキャンプ、オープン戦が終わってめちゃくちゃうれしい悩みだったんですけど、16人、けがしたでしょ。もうその時点でまたトライアウトに戻ったから。あちゃーと思って。もうそれを今年はマジで無くしてほしい。だからあまり無理させないだろうし。体のケアに関しては選手に聞いて。どうだ、ということは常々聞いていきたいと思います。でも、そこで甘えていたらレギュラーは取れないしね。それが一番難しくて面白いところなんですけど。でもほかのチームの戦力を見て、あまりひけをとっていないですよ。ほんとに」

―投手もすごい
「すごい。ね」

―上沢の去就は
「いやー、もう俺ね。上沢くんを取る(獲得を目指す)メジャーのGMに、お金払って残してほしいもん(笑)。もう、お金を払うから取らないでくれって。というぐらい残ってほしいね。あと3日でしょ。でもここまで伸びたということは、いろいろね、向こうでも問題あるだろうし。もしかしたら、僕は、マイナー契約だったら行くなという(考え方)。そういう契約だったら残ってくれるだろうし。複雑やなー、この3日間。2カ月前はおまえの夢なんだから行けよって。だんだんだんだん、行くなー、残れーっとなってきたから。もういいよ、行かなくてと。来年、行きなさいよというふうになってきている。あれだけイニングを投げてくれるし、すごい若い選手たちのお手本にもなる選手だし。複雑ではない。もう今は。残ってと。もう取らないでーって思って。あれ(絵馬)に書いておこうかな」

―今年、マスクはどうするか
「俺、ほら…しゃべっちゃう。待て待て待て待てと。それをなくすためにした。ちょっとどうしようかな。まだ歯も治していないから、今はまだきれいになってないから。差し歯だから。ホンちゃんは4月から5月」

―インプラントか
「インプラントはもう入れた。今5本。もう1年間かけて(追加)5本で、今はまだ差し歯。まだきれいだからマスク取って。マスクしている時、ほんと最悪でしたから。もう、あの、卵の黄身みたいな色でした」

―キャンプの振り分けはどうなる
「まずはヘッドコーチが決めていて、こうしようか、あーしようかと変えていて。あとは足の状態とか、身体の状態が悪い選手は、ちょっと国頭の方から。でも。俺、行きたいしね。国頭に。今年はちょっと行ったり来たりしたいなと。水谷くんとか、ちょっと見てみたいなと」

―孫易磊は
「彼はアメリカ、メジャーリーグを目指している投手なので、じっくりと様子を見ながら。体づくりから。本当に、良いピッチャーになると思うのでね。大事に、大事に。大事にし過ぎてもダメだと思うんですけど、その辺は『さ、ここからちょっとレベル上げなさい』という時は言うし」

―以前は球宴明けに1軍で投げてほしいと
「ねー。それもちょっと今、考えていないですね。やっぱり数は安定してきたので、そんなに焦ってはいないですね」

―国頭には、また三輪バイクで
「六輪ぐらいで行こうかな(笑)。このあいだ、買ったんですよ、俺。前2つタイヤで、後ろ1つのね、自動車免許で運転できる」

―今季は目立つと言っていたが
「目立つというか、自然体」

―チームを盛り上げていきたい
「そうね。もちろん。選手たちがもっともっとワイワイ、ワイワイ、やってほしいんすよね。そのために、俺が。監督がやっているからいいか、と見せるのも一つの手だし」

―去年は自然体じゃなかったのか
「間違いない、間違いない。超我慢していたもん。我慢して我慢して、でも段階があるので僕の中で」

―1年目も我慢していた時があった
「多少ね。ちょっと1年目は監督ぶってた。ぶってた。去年は俺じゃなかった。新庄タケシやった(笑)。今年はもう自然体。自然体で行きますよ」

―監督の結婚は
「僕はしないです」

―ファンのことも考えている
「そういう問題じゃないけど、向いていないかなあ。向いていないというか僕は、一生、子供のままでいたいし、結婚して子供が産まれてディズニーランドで2時間並べないもん。ハハハ」

あわせて読みたい