野球
2022/12/09 22:00

《岩本勉のガン流F論》現役ドラフト 選手自らが手を挙げられるシステムづくりを

 

素晴らしい制度 より光る可能性を秘めている選手ばかり

 初の試みとなった現役ドラフト。率直に素晴らしい制度と言える。日本ハムに加入する松岡をはじめ、それぞれ移籍することとなった選手の顔ぶれを見て思う。皆、環境を変えれば、より光る可能性を秘めている。

 日本ハムからソフトバンクへ移る古川侑は昨年のトライアウトで、新庄監督によって〝発掘〟された。その古川侑は今回のドラフトで戦力として他球団から認められた。拾い上げた選手が求められる存在となった。まさに人生大逆転だ。

 戦力の均等化、球界の活性化、そして伸び悩んでいる選手への活躍の場提供を目的とした新たな取り組み。ルールもよく考えられている。プレーヤー、チーム双方にメリットがある。ただ、課題もある。なぜ非公開なのか。完全クローズの下で実施された。それはプロテクトから漏れた選手のモチベーション低下を危惧してのこと。そこにクリアすべき改善点が浮かび上がる。

さらなるシステムの進化に期待!

 選手と球団にわだかまりが生まれないことが大前提。その上で、プレーヤー自らが手を挙げられる環境、システムを整えていくことが求められる。海外と違い、現在のプロ野球界はエージェント(代理人)が付いていて当たり前という状況にはないのだから。

 こんなチャンスが、この時期にやって来るのか!そう思われる制度に進化していくべきだ。(本紙評論家)

あわせて読みたい