ファイターズ
2022/11/27 22:40

ドラ1矢沢の登場曲はYAZAWA! 同姓のロックスターにあやかるぞ

新球場を訪れた矢沢。ルーキーイヤーの登場曲にはYAZAWAの名曲を選んだ(球団提供)

ルーキーたちが新球場を初見学

 俺もBIGになるぜ! 日本ハムのドラフト1位・矢沢宏太投手兼外野手(22)=日体大=が27日、ルーキーイヤーの登場曲を矢沢永吉(73)の「止まらないHa~Ha」にすると明かした。同姓の大スターが響かせる名曲は首都大学リーグ出場時にも流され、何度も背中を押してもらった。この日は同期の仲間とともに北広島市のエスコンフィールド北海道を初めて見学した。〝YAZAWA〟のビートに乗り、プロ1年目から新球場で暴れまくる。

♪乗ってくれ Ha~Ha

 完成間近の本拠地に初めて足を踏み入れ、一気にイメージが湧いてきた。来年3月30日の開幕戦。「1番・右翼」でスタメン出場し、チーム最初の打席に立つ。その時に流れる。「乗ってくれ Ha~Ha♪」。永ちゃんパワーをもらい、快音を響かせれば、超満員のファンが大熱狂だ。

 「登場曲には、僕と言えばこれっていうようなインパクトがほしい。矢沢永吉さんの『止まらないHa~Ha』がいいのかなと。すごく盛り上がる曲だと思うので、使っていきたい」

首都大学リーグでも流れていた曲「モチベーションを上げるスイッチ」

 同楽曲は、自身のモチベーションソングだ。大学のリーグ戦では関係者の計らいで、出場時によく流されていた。「試合前のバス移動でもライブ映像を見たりします。あのイントロが流れると、〝来た〟となる。モチベーションを上げるスイッチのような感じ」。プロでも二刀流に挑む矢沢にとって、必要不可欠な一曲だ。

本人を球場に呼ぶことが目標

 もともとは、母の香さんが矢沢永吉のファンだった。飼っていた犬の名前は「永吉」。周囲から「永ちゃん」と呼ばれることもよくある。ロック界のカリスマとの面識はまだない。ただ、新球場に来場する可能性もゼロではない。

 「そうなったら緊張しますね」と笑いつつ「まずは僕が、そういう人を呼んでいただけるぐらいの選手にならないと。頑張りたい」と力強く意気込んだ。

 この日は他の新人選手とともに、来季からの〝職場〟を初見学。ベンチ、ブルペン、ロッカー、ミーティングルームなどを見て回り、大谷(エンゼルス)、ダルビッシュ(パドレス)の壁画の前で記念撮影も行った。

 「ベンチからの景色がすごく良くて、どういうプレーをするかイメージしながら見ていた。すごく魅力的でワクワクするような球場。僕もその球場に負けないようなプレーをしていきたい」。新球場にYAZAWAの登場曲を響かせるためにも、ここからが勝負。〝飛びきりのプレイ〟を見せるまで、矢沢は止まらない。

あわせて読みたい