ファイターズ
2022/12/04 19:20

伊藤大海 建山投手コーチに来季の先発起用を直訴

イベントで建山コーチの〝内角〟を突きまくった伊藤

シーズンシートオーナーズパーティーに参加

 日本ハムの伊藤大海投手(25)が4日、札幌市内のホテルで行われた「シーズンシートオーナーズパーティー」に参加。ゲスト司会を務めた建山義紀投手コーチ(46)に先発起用を直訴した。

 イベント開始前から、伊藤が建山コーチに猛アタックを敢行した。新庄監督の発案もあり、今季終盤は抑えを担ったが「先発をやりたい」と熱望。打ち合わせの際に、来季の起用法について「さらっと話しましたよ。口軽くないので、(詳しくは)言えないですけど」。先発希望であることを伝え、「意思表示はありがたい、それくらいのエネルギーはほしいと言ってくれました」とニヤリと笑った。

先発アピールで建山コーチをタジタジに

 トークショーでも〝売り込み〟をかけた。冒頭で早速「クローザーなのか先発なのか問題があるので、きょう、ここでアピールしていきたい」と宣言。これには、建山コーチも「ちょっとしたバトルになるかも分からない」とタジタジになりつつ「先発アピールね。来年は沢村賞を狙いたい思いがあると。そんな強いエネルギーがあるんでしょう」とうなずいた。

新球場での目標は「最初に勝利投手!!」

 来季から本拠地となるエスコンフィールド北海道での目標を問われると、スケッチブックに「最初に勝利投手‼」と力強くしたためた。9月の札幌ドーム最終戦では、新庄監督が来季の開幕投手を加藤に任せることを発表。当時を振り返り「1カ月くらい気持ちが落ち込んでいたんですけど。俺じゃないのかと…」と苦笑いした。

 そんな道産子右腕の熱い思いに、建山コーチもほれぼれ。「3月30日(開幕戦)に勝って、大海の時も勝ったら最高。いつ何戦目に投げるか分からないですけど」と前置きし「大海みたいに俺がやるんだと、今のプロ野球でこういうこと言う選手はあまりいない。圧が来ています。良いと思いますよ」と評価した。

2年連続の雲隠れ宣言 オフのテーマは「秘密です」

 昨年同様にオフは「完全に雲隠れです」。テーマについても「秘密です。言わなくても分かるくらい変わって帰ってきます。新球もあるかもしれないですし、体形が変わっているかもしれないですし、身長が伸びているかもしれないです」と不敵な笑みを浮かべた。2023年シーズンは、さらにパワーアップした伊藤大海が見られそうだ。

あわせて読みたい