ファイターズ
2022/11/01 23:05

育成2位・中山が同級生の河野と〝鳴門リレー〟再結成へ支配下目指す

指名あいさつを受けた中山は得意のフォークの握りを披露する(撮影・西川薫)

 日本ハムが育成2位で指名した独立リーグ・徳島の中山晶量投手(23)が1日、徳島県内で指名あいさつを受けた。明大4年時に指名漏れも、地元の独立リーグで再起を図り、NPBにたどり着いた150キロ右腕。日本ハムの河野竜生投手(24)とは鳴門高(徳島)時代の同級生だ。まずは支配下登録、そして国内最高峰舞台での鳴門リレー再結成を目指す。

三振取れるフォークと最速150キロの速球武器「奪三振がカギ」

 高校卒業後、一度は進む道が分かれた。だが、運命に導かれ、北の大地で再び交わった。ドラフトの2日後、中山は河野とLINEや電話で連絡を取り合い「分からないことがあれば、何でも聞いて」と頼もしい言葉をもらった。中山は「鳴門リレーって一つのキーワードになると思う」。甲子園のマウンドでも共に戦った球友との継投を思い描いた。

 2度目のドラフトで念願の指名を勝ち取った。「持ち味はフォークで三振が取れること。僕がまず入り込むべきポジションはリリーフ。奪三振がカギになる」と言い切った。最速150キロを誇る速球とのコンビネーションに磨きをかけ、一日でも早く支配下契約をつかみ取るつもりだ。

加藤スカウト「OB増井のような投手になって」

 チームとして10年連続のドラフト指名。日本ハムから声が掛かるのは2009年の荒張裕司捕手以来2人目だ。

 河野の担当も務めた加藤スカウトは「角度のある直球と落差のあるフォーク。リリーフ適性がある。ブルペン陣に厚みを持たせてほしい。OBの増井のような投手になってくれれば」。かつて日本ハムの屋台骨を支えたリリーフエースの名を出し、期待を込めた。

あわせて読みたい