ファイターズ
2021/12/19 15:26

石川亮ここぞの一発で「びっくり箱」になる!ビッグボスに打撃でアピール

“正妻奪取”にはびっくり箱だ~。石川亮がビッグボスにプロ1号を放ち、超アピールを狙っている(撮影・近藤裕介)

 “意外性”でビッグボスにアピールだ! 日本ハムの石川亮捕手(26)が18日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを行い、来季の目標に「びっくり箱になること」を掲げた。びっくり箱とは、普段は小技や確実性を重要視しつつ、意外なところでアーチを放つなど、意外性のある打者を表現する。今季限りで現役引退した谷口雄也氏(29)のバットを来季から使用。まずは新庄剛志監督(49)へのアピールとしてプロ初本塁打を狙い、正捕手争いを勝ち抜く。

「犠打もしっかりやって」

 ホームランバッターになるつもりはない。目指すのはビッグボスの「びっくり箱」。通常はチーム打撃を徹底し、打率も求める。“ここぞ”の場面で本塁打を放ちチームを救う、意外性のある打者が理想だ。鎌ケ谷で精力的に体を動かした石川亮は「犠打もしっかりやって、たまにびっくり箱がある方が、僕は魅力があると思う」と爽やかな笑顔を見せた。
 プロ8年間で本塁打は「0」。今季はキャリアハイの60試合に出場し、フェンス直撃の打球も放ったが、あと1歩のところで柵越えには届かなかった。「本塁打がない打者が来たら、僕が捕手をやっていても楽。甘く入ったらやばいなと思わせないと、投手の(気持ちの)抜き場所になってしまう」。自身が捕手だからこそ、「一発がある」と相手に思わせることの重要性を知っている。
 長打力アップへ、相棒を変える。オフに今季限りで引退した谷口からバットをもらい「振ってみたらすごくよかった」と来季からの使用を決め、すでに同タイプをメーカーに発注済み。自身のものより15グラムほど重く「重みを感じながら、体全体で振っていくのを今、取り組んでいる。それで何か変われば、ホームランも出るんじゃないかな」と“谷口バット”に期待を寄せた。
 お世話になった鶴岡の引退も、石川亮を奮い立たせている。今季は1軍で長く共に過ごし、多くを学んだ。引退発表直後に連絡した際には「おまえの成長を楽しみにしている。見ているよ」と激励され、「感謝の気持ちしかない。鶴さんをお手本にして頑張りたい」と恩返しを誓った。
 2022年は勝負の年。ビッグボスや鶴岡が「あっ」と驚く一発をかっ飛ばし、正捕手の座をつかんでみせる。

正捕手争いは横一線

 横一線―。来季の捕手争いも激しいものとなることが予想される。今季100試合に出場した清水、60試合の石川亮、32試合の宇佐見の3選手が正捕手候補となる。
 性格も三者三様で、捕手としてもそれぞれの色が存在する。ベテランの宮西は「(清水)優心は経験も積み出して、怖さを知っている。(石川)亮はね、どっちかって言ったら、気合で攻めていけっていうような性格でもあるし、配球でもある」と分析する。宇佐見も投手に寄り添う姿が目立つ女房役だ。
 今季3選手とも打撃が低調な数字に終わっただけに、攻撃面で目立つことができれば、正捕手にグッと近づくことができる。意外性のある打撃で石川亮が競争を抜け出せるか、注目だ。

あわせて読みたい