夏季スポーツ
2023/10/13 17:00

夏の全道王者・旭川実業高 プレミアリーグでの戦い糧に5年ぶり全国切符つかみ取る 21日から全国高校サッカー選手権北海道予選

今夏のインターハイ北海道予選で3連覇を達成した旭川実業高イレブン(撮影・工藤友揮)

夏の総体道予選3連覇も、選手権は18年度以来全国ならず

 全国高校サッカー選手権の北海道大会が今月21日に苫小牧市で開幕する。今夏のインターハイ北海道予選で3連覇を達成した旭川実業高だが、選手権は2018年度以来優勝から遠ざかっている。今年11年ぶりに高円宮杯プレミアリーグEASTに参戦し、全国の強豪と戦ってきた経験値を武器に〝2冠〟を達成し、5年ぶり8回目となる全国切符をつかみ取ってみせる。

インターハイでは16強入り

 今季の全国大会における旭実の実績は道内他校の追随を許さないものだ。地元開催に伴い北海道から3校が出場したインターハイ全国大会で、過去に多くのJリーガーを輩出している強豪・帝京長岡高(新潟)に3-2で勝利し、道勢で唯一ベスト16進出を果たした。
 

10月1日のプレミアリーグ、FC東京U-18戦でゴールを決め雄叫びを上げる旭川実業高・三上(右)

 

プレミアリーグで現在3勝

 何と言ってもプレミアリーグでの奮闘ぶりが光っている。前回参入した12年は1分17敗で1勝もできず降格したが、11年ぶりに参戦した今季は開幕戦で横浜Mユースに2-0で勝利し悲願の初勝利を達成すると、ここまで3勝をマーク。10月1日現在で17試合を終え3勝1分13敗とEASTの最下位ではあるものの、プレミア残留を現実的な目標に据えて戦うことができている。

庄子主将「プレミアで1年間戦ってこれたのはすごいプラス」

あわせて読みたい