ファイターズ
2023/01/18 19:40

新庄監督 セ・パシャッフル提案 将来的にはメジャーと世界一決定戦も

会議後、オンラインで取材に対応する新庄監督(球団提供)

12球団監督会議に出席 斬新なアイデアを披露

 プロ野球の12球団監督会議が18日、東京都内で行われ、日本ハムの新庄剛志監督(50)がセ・パの組み分けシャッフルを提案した。会議後、オンラインで取材に応じた指揮官は、ファンを喜ばせるための手段と説明。現役時代から温めていた斬新なアイデアは、他球団の監督にも好意的に受け取られ、球界の未来に一石を投じた。

 髪を短くし、茶系のシックなスーツを着こなしていた。昨年に続き、同会議に出席した新庄監督は、コミッショナーと他球団の監督の前で自らの主張を繰り出した。

現役時代から考案 他球団の監督も好意的

 現状は固定されているセ・パの組み分けをシーズン終了後に再編する―という考えだ。すでにイメージはできていた。「ボックスの中にセ・リーグとパ・リーグのボールを入れて、監督が引く。今年のファイターズはセ、阪神さんはパ、巨人さんはパ、みたいなこと。ぐちゃぐちゃにしていけば、ファンの方たちは、新しいものを見られて面白いんじゃないかな」

 実は現役時代から、同様のプランを描いていたという。「タイガース時代から思っていた。パ・リーグの人気がない時は、セ・リーグの力をあげたらいいのに、とか。今回は全体像を考えての案でしたね。意外と、皆さんが面白い意見ということで聞いてもらえました」。新しい挑戦の意義はしっかりと伝わり、自然と笑みがこぼれた。

すべては野球を愛するファンのため 「盛り上がりますよ」

 既成概念にはとらわれない。さらにもう一つ、長期的な視野でプロ野球を盛り上げるための発想も明かしていた。「急にはできないと思う」と前置きした上で「何年か先に、日本の優勝チームとメジャーリーグの優勝チームが戦い、本当の世界一のチームを生み出す。そういうことがこの先にあれば、野球ファンは盛り上がりますよ、ということを伝えさせてもらった」とうなずいた。大きな影響力と発信力を持つカリスマ監督はファンの気持ちに寄り添いながら、球界全体の発展を願っていた。

あわせて読みたい