ファイターズ
2022/11/17 06:00

今川「最低8時間、理想は10時間以上寝る」ぐっすり眠って来季は飛躍だ

鎌ケ谷で充実の日々を送る今川。来季に向け、睡眠にもこだわる

シーズン中は5、6時間だけ… 快眠講義受け心機一転睡眠改善へ

 日本ハムの今川優馬外野手(25)が、さらなる飛躍へ、睡眠改善に取り組む。快眠についての講義を受け、質が低下していることが判明。「寝る暇があったら練習したいと思っていたけれど、それで良いパフォーマンスが出なかったこともあった。睡眠を大事にしたい」と心機一転だ。

 「寝るのが好き」という今川だが、シーズン中の睡眠時間は5、6時間ほど。「夜型タイプなので試合後にもウエートをしちゃう」。ナイター後は興奮して寝付けず、眠りにつくのが深夜3時になることもあった。

 来季に向けて「最低8時間、理想は10時間以上寝たい。寝るのも練習と言い聞かせてやりたい」。睡眠不足の原因だった不安を解消するべく「このオフはしっかり練習して、シーズン中『よし、きょうはやり切った!』となれば、気持ちの面で楽に寝られる」と言い切った。

 今オフは「最低でも20本以上は打てるように」とパワーアップのため、肉体改造中。「今は89キロぐらい。一回りデカくなりました」。目標の体重90キロ到達まであと少しだ。最強ボディーをつくり上げ、ぐっすり眠る。それが来季の大ブレークにつながる。

あわせて読みたい