コンサドーレ
2024/06/20 20:05

〝生き残り〟経験者の札幌DF髙尾瑠「全然いける」横浜M戦でJ1残留への足がかり築く

ミニゲームで汗を流すDF髙尾=撮影・工藤友揮

■6月20日、札幌・宮の沢白い恋人サッカー場

昨季G大阪で残留争いを経験

 北海道コンサドーレ札幌は23日のホーム横浜M戦(札幌ドーム)に向け、10対10のミニゲームなどで調整した。今年から札幌に完全移籍加入したDF髙尾瑠(27)は、G大阪に在籍していた昨季も残留争いを経験。激闘の末、J1に生き残った経験を悩めるチームに注入し、札幌浮上のきっかけをつくり出す。

「勝てるプレーを選択したい」

 10対10で髙尾は主力組3バックの右CBとしてプレーした。「ルヴァン杯や天皇杯を通してコンディションが上がってきた」と、上向きつつある状態を追い風に、3戦ぶり3度目のリーグ戦先発を果たすべくピッチを駆け巡った。「どういうプレーを見せたいかというより、やっぱり勝利が一番なので。勝てるプレーを選択してやっていきたい」と意気込みを口にする。

「走る、戦う」が一番根底にある

 リーグ戦18試合を終えて2勝5分11敗。最下位に沈むチームを上昇気流に乗せるため、「必要なことというのは、監督もよく言っていますけど、球際や走ることというのが一番根底にある部分なので、自分もやっていかなければという気持ち」と、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(66)が常日頃から強調する「走る、戦う」を、その身をもって体現し、5試合ぶりの勝利へとつなげていくつもりだ。

昨季は第14節までわずか1勝も、そこから連勝が続いて波に乗った

あわせて読みたい