ファイターズ
2023/01/17 19:00

連載「俺のバイブル!」③根本悠楓投手「ゴールデンカムイ」

もともとアイヌ文化にも興味があったという根本。ゴールデンカムイとの出会いは必然だった

プレーに通じる部分も 「ビビったら終わり。野球でもビビったら負ける」

 ファイターズと漫画を愛する人に送る連載企画「俺のバイブル!」。選手が〝激推し作品〟を厳選し、熱く魅力を紹介していく。マニアック過ぎたら、ごめんなさい。 第3回は根本悠楓投手(19)が「ゴールデンカムイ」をピックアップ。北海道で繰り広げられる金塊争奪戦やアイヌ文化が描かれた話題作を、道産子ならではの視点も交えて熱弁した。(一部ネタバレを含みます)

◇ゴールデンカムイとの出会い

 「最初はたまたまアイヌについてユーチューブで動画を見ていたんです。そしたら、ゴールデンカムイが面白いみたいなコメントがあって、ちょっと見てみようかなと思って見たらハマりました。高2か、高3の頃ですね。白老出身なので、アイヌ文化にはもともと興味、親近感があった。今はウポポイですけど、昔はアイヌ民族博物館があって、小学生の時にそこに行ったりしていました。(作中に出てくる)ムックリっていう楽器はやったことがありますし、鮭の冷凍食を食べる文化も知っていました。なので入りやすかったです」

◇ゴールデンカムイの魅力

 「僕はアニメ派なんですけど、展開が分からないからすごく見入っちゃう。だからハマる。ギャグ要素もありながら、グロい描写もあって、ハマる人はハマると思う。先が読めない。どうなるんだろうっていう。土方と杉元と鶴見中尉で対立しながら、途中仲間になったりもするけど、本当に信用して良いのか、裏切りそうだなっていう感じもあって、なかなか読めなくて面白い。(チームメートの)松本遼大にも勧めて、めちゃくちゃ面白いって言っていました。今はここが面白いねとか、熊の殺し方でこれすごくね、みたいな話を2人でしています」

◇好きなキャラクターは

 「主人公が好きですね。杉元。不死身と言われているところが面白いし、格好良い。戦闘シーンが好きで、迫力がある。ワクワクしますね。殺されるくらいなら躊躇(ちゅうちょ)せず殺すって話していて、本当に戦争の時はそういう感じだったのかなーとか、こういう人いたのかなーって考えたりもしました。 結構ギャグ要素もあるじゃないですか。それも面白くていいんです。 次に好きなのは鶴見中尉と尾形。アニメになっちゃうんですけど、声の感じが渋くてキャラと合ってて良かった」

◇好きなエピソード、シーンは

 「最初、戦争シーンから始まる。それで、おっ、面白そうと思った。1話から面白かったです。 覚えているのは、最初の方に熊を殺した時に、とっさにナイフを上に向けて、熊が倒れてくる重さを使って刺したところ。そんなやり方あるんだって、それは2、3年前に見たんですけど、めっちゃ覚えています。北海道が舞台なので、(地元の)白老が出てくるかなと思ったんですけど、なかなか出てこないですね(笑)」

◇ゴールデンカムイから教わったこと

 「ビビったら終わり。野球でもビビったら負ける。負のこと、打たれそうとか考えたら終わり。気持ちの面で、いろいろなことに備えておかないとダメだなと、ゴールデンカムイを見て思いました。 あとは、やっぱりアイヌ文化についての興味を改めて持たせてくれた。 自分が出会った中で、1番面白い作品です」

あわせて読みたい