Bリーグ
2022/12/18 19:58

レバンガ PG橋本主将が第4Qに連続得点 連敗止める逆転勝利に貢献

レバンガPG橋本主将(左)が第4Qに躍動し、チームの連敗脱出に貢献した(撮影・浜本道夫)

■Bリーグ1部第12節 レバンガ北海道97-92広島ドラゴンフライズ(18日、札幌・北海きたえーる)

第3Qに中野がブザービーター「あの距離は人生初」

 主将の躍動でチームの連敗を止めた! 東地区のレバンガは西地区2位の広島との熱戦を制し、連敗を4で止めた。通算成績は6勝15敗。順位は7位のまま。

 第3クオーター(Q)終了間際、SG/SF中野司(26)がセンターライン付近から「あの距離で決めたシュートは人生初」と振り返る見事なブザービーターを決め、73-67とリードした。

ロング、マーフィー退場で逆転許すも主将が負の流れ断った

 しかし第4Q途中でPF/Cショーン・ロング(29)、PFアレックス・マーフィー(29)のビッグマン2人が相次いで5ファウルによって退場。残り時間3分を切ったあたりから流れが広島に傾き、逆転を許した。4連敗中のチームにただよう嫌な空気感もあったが、主将のPG橋本竜馬(34)が自らの手で打ち払った。同8分15秒、自らの3点シュートで同点に追いつき、なおも相手がフリースローを決めて1点ビハインドとされた時だった。橋本が再び3点シュートを決めて再度逆転に成功した。

 さらに橋本は直後の相手パスをスティールし、そのままボールをゴール下まで持ち込んだ。シュートモーションに入ると相手のファウルを誘ってフリースローをゲット。その2本をしっかりと決めて、リードを4点に広げた。1本目の3点シュートからフリースローまで、ゲームタイムでわずか57秒間。まさに〝橋本の57秒〟で再び勢いづいたチームは、リードを守り切って5試合ぶりの勝利を手にした。

次節は西地区首位・沖縄戦 勝利で浮上のきっかけに

 試合後の記者会見で橋本は「昨日(17日)、悔しい敗戦をして、今日こうやってカムバックして勝てたということは良かった」と、前日に112点を奪われたリベンジの達成を喜ぶ一方で、「課題はありますし、試合はどんどん続きますので、今日勝ったというポジティブなところから、自分たちが改善していかなければならないことをしっかりと把握して、今週の練習に臨んでいきたいです」と、次戦以降に向けて再び気を引き締めた。

 次の相手は広島と同じ西地区で首位を走る琉球(24、25日、沖縄)。強敵との戦いが続くが、この勝利を上位浮上のきっかけにしたい。

あわせて読みたい