ファイターズ
2022/12/17 20:30

19歳の畔柳 身長を伸ばすために「もっと寝ないと」

囲み取材中に笑顔を見せる畔柳(撮影・桜田史宏)

疑惑の公称180センチにチームメートからは「絶対にない」

 身長を伸ばしたい―。日本ハムの畔柳亨丞投手(19)が17日、千葉・鎌ケ谷で自主トレを行い、さらなる〝成長〟を願った。

 現在、公称は180センチだが、チームメートからは「絶対にない」と疑惑をかけられている。「納得いかない。180で」と譲らなかったが、「みんな盛っているんじゃないんですか?」と本音もポロリ。ともに練習を行った185センチの有薗をうらやましそうに見上げ、「2センチ、わけてもらいたい」とつぶやいた。

昼寝導入で「寝る子は育つ」を実践 「(マウンドで)大きく見える活躍がしたい」

 成長期は過ぎた19歳だが、わずかな可能性に望みをかける。「まだ伸ばしていきたい。寝る人は大きいイメージがある。もっと寝ないとダメですね」と、今オフからは昼寝を導入する予定。1日の睡眠時間を増やし、「寝る子は育つ」を実践するつもりだ。

 野球選手、特に投手にとって、高身長はそれだけで大きな武器になる。とはいえ、今から背を伸ばすのは至難の業。「伸びれば良いですけど、伸びない前提で考えています」と現実も見ている。「来年以降は(マウンドで)大きく見えるような活躍がしたい」。打者を威圧するほどの大投手に、身長は関係ない。

10月フェニックスリーグで新庄監督から「先発でも面白い」

 プロ1年目の今季はシーズン終盤、9月25日の楽天戦(札幌ドーム)で1軍デビューし、1回1安打無失点。プロ初ホールドをマークし、貴重な経験を積んだ。首脳陣からの評価も高く、10月のフェニックスリーグでは新庄監督から「いいっすね。これは経験させたら、もっともっと良くなる。先発でも面白い。来季は先発もあるかもしれない」と大きな期待を寄せられた。

 2軍戦では中継ぎ起用がメインだったが、ポジションにはこだわらない。「来年は(新庄監督が)優勝を目指すと言っているので、優勝に貢献できるポジションだったらどこでも自分はやる。チームを勝ちに導けるようなピッチャーになりたい」と意気込んだ。

来季1軍定着のため12月はフィジカル強化

 現在は体づくりをテーマに、鎌ケ谷でトレーニングに打ち込んでいる。「高校野球と違って毎日試合があるので、体力的にもまだ全然足りていない。12月は体力面の強化、フィジカルのアップをメインに考えてやっています」。来季の目標は1軍定着。「1年間ずっと1軍で投げ続けるんだ、くらいの気持ちです」と力を込めた。180センチあるかないかは、問題ではない。大きな志を胸に、野球で急成長を遂げてみせる。

あわせて読みたい