ファイターズ
2022/11/04 03:00

ドラ3加藤豪 入団内定! 鎌ケ谷電撃訪問でトレーニング

千葉・鎌ケ谷の球団施設を電撃訪問した加藤。チームウエアを着て練習も行った(撮影・桜田史宏)

 日本ハムからドラフト3位指名され、メッツ傘下3Aシラキュースを自由契約となった加藤豪将内野手(28)の入団が内定したことが3日、分かった。この日、千葉・鎌ケ谷にある球団施設を電撃訪問。新庄剛志監督(50)がラブコールを送っていた米国からの逆輸入内野手が、来季の大きな戦力となりそうだ。

チームウエア着用し2軍施設を見学

 新庄監督が獲得を熱望していた逸材の日本ハム入団が確実となった。10月20日のドラフト会議で3位指名を受けていた加藤が、施設見学のため鎌ケ谷の2軍施設を訪問。胸に「FIGHTERS」と書かれたチームウエアに身を包み、室内練習場でトス打撃、守備練習などを行って1時間ほど汗を流した。

 日本人の両親のもと、米国で生まれ育った加藤は、左打ちの二塁手。2013年のMLBドラフトで名門ヤンキースから2巡目指名を受け、注目された。

 プロ10年目の今季は、ブルージェイズで初めて開幕ロースター入りを果たし、レッドソックス戦でメジャー初安打をマークした。その後は3A降格と戦力外を経て、5月上旬にメッツへ移籍。傘下3Aシラキュースでプレーしていた。

沖縄・国頭秋季キャンプ参加の可能性も

 指揮官はシーズン中から加藤の映像をチェックするなど熱視線を送っていた。ドラフト会議後には、入団交渉について「自信しかない。僕の下で野球をしたいという気持ちはあると聞きました」。先月26日までに所属チームを自由契約となり、入団交渉がまとまった。

 何度も戦力外を経験しながら、はい上がってきた185センチ、91キロの28歳。即戦力として期待は大きい。内野ならどこでも守れるユーティリティーを兼ね備え、新庄監督は走力や左投手への強さを魅力に挙げる。既に来日していることもあり、契約合意後には、7日から沖縄・国頭で始まる秋季キャンプに参加する可能性もありそうだ。

逆輸入メジャーリーガーが新球場の主役の一人に

 来年3月には新球場「エスコンフィールド北海道」が開業。就任2年目の来季に向けて指揮官は「来年は2位も6位も一緒。日本一を目指している」と話している。異色の経歴を持つ28歳が、最下位からの巻き返し、7年ぶりの日本一へ、切り札になる。

あわせて読みたい