ファイターズ
2024/07/10 23:10

代打・郡司裕也が貴重な同点犠飛「マジで緊張しました」〝郡司節〟全開

七回1死三塁、代打の郡司が犠飛を放ち同点とする=撮影・桜田史宏

■パ・リーグ11回戦 日本ハム6-1西武(7月10日、ベルーナドーム)

 日本ハム・郡司裕也捕手(26)が10日、西武戦(ベルーナドーム)で仕事人ぶりを発揮した。1点を追う七回1死三塁の場面で代打起用され、代わったばかりの左腕・ヤンから同点の中犠飛を放った。

「何を打ったか覚えていません」

 試合中に球団を通して出したコメントは〝郡司節〟全開だった。「久しぶりの代打でド緊張しました。何を打ったか覚えていません」。6月16日巨人戦以来となる代打での登場に心臓はバクバクだった。

 試合後も「マジで緊張しました。代打って緊張するんですね~」と目をパチクリ。そう言いつつも、打席では冷静だった。2球で2ストライクと追い込まれたが、「追い込まれるまではある程度、ヒットというか打ちたいなと思っていましたけど、追い込まれたので切り替えてバットに当てることだけ考えて、という感じです」。

三走・五十幡生還に「めちゃめちゃホッとしました」

七回1死三塁、郡司の犠飛で三走・五十幡(右)が生還する

 

 カウント1ー2から4球目の136キロを中堅にはじき返し、三塁走者の五十幡が生還。「めちゃめちゃホッとしました」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

2戦連続スタメン外れ「チーム事情もございますから」

あわせて読みたい