ファイターズ
2024/07/10 00:25

池田隆英が完璧な火消しで今季初ホールド 助けられた〝同級生〟の声掛けと女房役のリード

七回のピンチを無失点に抑え、山崎(左)とタッチを交わす池田=撮影・桜田史宏

■パ・リーグ10回戦 日本ハム4-1西武(7月9日、ベルーナドーム)

 日本ハムの池田隆英投手(29)が9日、西武戦(ベルーナドーム)で完璧な火消しに成功。右肘痛で出遅れたリリーバーの魂のこもったピッチングが、延長戦での勝利を呼び込んだ。

気迫の投球でMVP級の活躍も

 球団関係者から「今日のMVPだな」と声を掛けられると「自分はMVPではないです」と謙遜。「(山崎)福也さんに負けを付けられないと、全力で腕を振りました。チームが勝って良かったです」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

山崎から掛けられた言葉は「秘密」

 今季3度目の登板は、しびれる場面で巡ってきた。1ー1の七回1死一塁、三塁のピンチを招いた先発の山崎に代わり、2番手でマウンドに上がった。気迫のこもったボールで野村大を力ない一邪飛に打ち取り、続く古賀は一ゴロ。真っ先にベンチ前で山崎に迎えられ、「(何て声を掛けられたかは)秘密です。ちょっと! という感じです」とはにかんだ。

二塁からは「細い目をいつもの2倍見開いて…」

あわせて読みたい