コンサドーレ
2024/07/08 19:10

札幌MF浅野雄也 全体練習に完全合流 「得点にこだわってチームに貢献したい」得点力不足改善を誓う

ミニゲームでボールをキープするMF浅野(手前右)=撮影・工藤友揮

■7月8日、札幌・宮の沢白い恋人サッカー場

今季ここまでチームトップの3得点

 北海道コンサドーレ札幌は10日の天皇杯3回戦・山形戦(NDスタ)に向けて午前練習を実施。6日のアウェー鹿島戦(0●2)に長時間出場した選手はリカバリーメニューを行い、それ以外の選手はパス練習や8対8のミニゲームなどで調整した。

 今週のトレーニングから、離脱組が続々と復帰。MF浅野雄也(27)とDF家泉怜依(24)が全体練習に完全合流した。MF長谷川竜也(30)とMF近藤友喜(23)も部分合流した。5月中旬に戦線離脱した浅野は、この日フルメニューを消化。得点力不足に悩むチームに、ついに頼れるアタッカーが帰ってきた。

今度こそ完全復活 ミニゲームではゴールゲット

 宮の沢に、久しぶりに浅野の元気な笑顔が戻ってきた。5月15日のホーム磐田戦(1〇0)で決勝点を挙げて勝利に貢献しながらも、試合終了間際に左ハムストリングを肉離れ。6月8日には一度、全体練習に部分合流を果たすも、その後に再び負傷箇所の近くを痛めて離脱していた。

 「(負傷の程度は)軽めだったんですけど、慌てて1試合出るよりは、ちゃんと治して出た方がいいという判断になりました」と満を持しての完全合流を果たした。この日行われたミニゲームでも鋭いシュートをゴールネットに突き刺しており、コンディション面での問題はなさそうだ。

チームは苦境の真っただ中 8連敗&5試合連続ノーゴール

 チームは磐田戦での勝利以降リーグ戦8連敗。その間に挙げた得点は計4点で、直近の5試合では無得点が続くなど、チームトップの3得点をマークしていた浅野の離脱が大きく響いている。

ピッチ外から客観視 見いだした光明

あわせて読みたい