大学・社会人野球
2023/11/14 20:00

北海道文教大に国内最大級の室内練習場が完成 札幌6大学野球リーグ1部昇格へ加速

室内練習場をバックにがっちり握手をする、北海道文教大の樋越勉GM(右)と高橋葉一監督(撮影・西川薫)

総工費約7億円のスポーツアリーナ

 札幌学生野球連盟2部の北海道文教大敷地内に、大学施設では国内最大級となる72×35メートルの2階建て室内練習場「スポーツアリーナ」が完成し、11月14日に竣工式が行われた。総工費は約7億円。大学が使用しない日は、敷地内にある附属高校や附属幼稚園、さらに地元の中学、小学生チームなど地域への開放も視野に入れ、街の活性化に貢献する。

高橋監督「1年中ボールも触れるしバットも振れる」

室内練習場に隣接する管理棟の2階には5カ所のブルペンを完備

 日本ハムの室内練習場も顔負けの豪華施設が恵庭市に完成した。同大は3部に低迷する22年4月に前東京農大北海道監督の樋越勉GM(66)と元東海大札幌の高橋葉一監督(58)が就任し本格的強化に着手。わずか1年で2部に昇格すると、今春には全国各地から39人が入部。一気に1部昇格を狙ったが、春秋ともに2位に終わった。高橋監督は「フィジカル面の弱さが技術の修得などチームの状態に好転しなかった。この施設が出来ると1年中ボールも触れるしバットも振れる。フィジカル面、コンディショニング面をしっかりプランニングしていくことが大きな仕事」。充実した練習環境で1部昇格への道のりを加速させる。

1階は野球のダイヤモンド2面分