コンサドーレ
2023/11/04 19:00

札幌FW大森真吾が対外試合初得点 今季残り3試合でプロ初ゴール目指す!

相手選手と激しく競り合いながらボールをキープする大森(中央)(撮影・工藤友揮)

■11月4日、札幌・宮の沢白い恋人サッカー場
▽練習試合(30分×2) 北海道コンサドーレ札幌5-0BTOP北海道
 【札幌の得点者】金健熙、トゥチッチ×2、馬場、大森

 北海道コンサドーレ札幌は4日、今年の北海道サッカーリーグを制したBTOP北海道と練習試合を行い、2本合計5-0で勝利した。この試合でフル出場を果たしたFW大森真吾(22)がプロ入り後の対外試合で初得点をマーク。この勢いで残り3試合となった今季リーグ戦で待望の公式戦初ゴールをゲットしてみせる。

「前にもチャンスを外していたので良かった」

 札幌の4点リードで迎えた2本目の20分だった。MF荒野拓馬(30)からのパスを受けると右足でシュートを放ちゴールネットを揺らした。対外試合初のゴール。「(ゴールの)前にもチャンスはあったけれど外していたので良かったです」と試合後安堵の表情を見せた。

右足の疲労骨折で序盤戦を棒に振る

 開幕直前に負った右足脛骨の疲労骨折によって、シーズン序盤を棒に振る形となったが、7月30日に行われた朝鮮大学との練習試合で実戦復帰を果たすと、夏場以降の公式戦で4試合に途中出場。9月10日に行われたルヴァン杯準々決勝のアウェー横浜M戦では後半開始から出場し、チームがPKを得た場面で自らキッカーに名乗りを上げた。千載一遇のチャンスだったが、ゴール左隅を狙ったシュートは相手GKにキャッチされ残念ながらプロ初ゴールはお預けとなった。

荒野「来シーズンは得点をいっぱい取る選手になってほしい」

 10月15日の北海道十勝スカイアースとの練習試合では70分間プレーし再三の決定機をつくり出したが、自身の得点に結びつけることはできなかった。その後に行われたリーグ戦2試合はベンチ入りこそしたものの出場機会を得られず、このゴールをアピール材料に再びメンバー争いに絡んでいきたいところだ。アシストした荒野も「僕も彼に期待している。来シーズンはスタメンで得点をいっぱい取る選手になってほしいので。真吾の力が必要だし、期待もしているので、今はやり続けるしかないかなと思います」と、大森の将来性に大きな期待を寄せている。

 プロ1年目のシーズンも残り3試合となった。「日々の練習からもっと頑張っていきたい」と語る若武者が、ルーキーイヤーのうちにプロ初ゴールを決め、来季以降の飛躍の足がかりとしてみせる。


あわせて読みたい