ファイターズ
2022/11/25 23:05

清宮 元世界チャンプ・内藤魂注入〝豊浦スピリッツ〟叩き込み頂点つかむ!

清宮(右)が谷内をノックアウト?! 道の駅「とようら」に展示されていた元世界王者・内藤のトロフィーに感激し、魂継承を誓った(撮影・十島功)

谷内と応援大使を務める豊浦町を訪問

 〝豊浦スピリッツ〟で頂点に立つ! 日本ハムの清宮幸太郎内野手(23)と谷内亮太内野手(31)が25日、応援大使を務める豊浦町を訪問し、児童やファンと触れ合った。さらに同町出身の元プロボクシングWBC世界フライ級王者、内藤大助氏(48)が寄贈したトロフィーなどを間近に見て大きな刺激を受けた。恩返しするためにも、新球場元年でリーグ優勝&日本一をつかみ取る。

児童110人や町民らと交流「支えられているんだな」

 十分すぎるほど来季への英気を養った。谷内と共に豊浦町を訪れた清宮は礼文華小、大岸小、豊浦小の3校を回り、約110人の児童と対面した。キャッチボールや質疑応答など、短い中でも有意義な時間を過ごした。

 新型コロナの影響で応援大使で町を訪れるのは2019年に由仁町を訪れて以来、自身2度目。児童だけでなく、町民たちとも会話を交わし、「直接こうやって触れ合えたり、応援していると言葉をかけてもらえる機会はなかなかない。僕たちはこういう人たちに支えられているんだなと思った。(直接会うのは)お互いうれしいっすよね」と笑顔を見せた。

 道の駅「とようら」では、名物のホタテフライといちごソフトクリームに舌鼓を打った。「良い時間だな。時間も(午後)3時で幸せ」と至福の表情。座った席にサインを求められると快諾し、大きくしたため、「最高でした」と笑った。現在は自動車教習所に通っていることもあり「早く免許を取って、またここに来たい」と自らの運転で再訪することを誓った。

「来年は新球場で豊浦スピリッツで戦います」

 道の駅にはプロボクシング元世界王者である内藤氏のパネルやトロフィーが数多く飾られていた。同町出身であることはすでにチェック済み。「チャンピオンスピリッツを叩き込みに来たので、しっかり受け継いで、来年は新球場で豊浦スピリッツで戦います」と、魂は受け取ったようだ。

 約5時間、最高のおもてなしを受けた。「縁があって豊浦に来られた。少しでも良いニュースを届けたいですし、新球場に来てくださる方もいるかもしれないので、いつ来ても良いように全力でプレーするのが一番の恩返し」。豊浦の魂をバットに乗せ、チームを頂上に押し上げる。

あわせて読みたい