ファイターズ
2022/11/24 23:25

道産子捕手・伏見が入団会見 あふれる地元愛で新球場開幕マスクにトライ!

新庄監督(左)とともに入団会見を行った伏見。新天地での開幕マスクに意欲を示した(撮影・松本奈央)

新庄監督「加藤君と組んで面白いリードを」

 国内フリーエージェント(FA)権を行使し、オリックスから日本ハムへの移籍を決めた伏見寅威捕手(32)が24日、札幌市内のホテルで入団会見を行った。同席した新庄剛志監督(50)は来季の開幕投手を務める加藤貴之投手(30)の女房役に指名。日本一を知る道産子捕手は、新天地での開幕マスクに意欲を表した。背番号は「23」で、契約は3年総額3億円(推定)となった。

「まずは投手とコミュニケーションとる」

 地元愛があふれた。日本ハムから熱心なオファーを受け、FA移籍を決めた伏見は「地元に戻って北海道を盛り上げてほしい、リーグ優勝、日本一を目指す中で力が必要だと言っていただいた。うれしかった」と素直に喜びを表現。この日、正式契約を結び「体が熱くなりましたし、やってやるんだという気持ち」と胸を膨らませた。

 球団の伏見獲得の背景には、新庄監督の猛プッシュがあった。四つの盗塁死を記録した9月15日のオリックス戦(京セラドーム)が一つの転機で「FA(交渉)解禁になってすぐ、フロントに『ぜひ、伏見君を取ってほしい』と伝えた。印象に残っているのは、1試合で四つ刺された。マジか…と。このキャッチャーはすごい。うちに欲しい」とほれ込んでいた。

 速攻アタックが実り、ハートをつかんだ。指揮官は「左投手に対してのリードが面白い。日本シリーズを見ていて思った。開幕投手の加藤君と組んで、面白いリードをしてもらえたらうれしい」と開幕スタメンマスクの有力候補として、大きな期待を寄せた。

 当然、日本ハムの捕手で最年長となる伏見も競争に打ち勝つつもりだ。「まずは投手とコミュニケーションをとって、バッテリーとしてしっかり結果が残せる状態で試合に出たい。個人としてはそこ(開幕)を狙っていきたいという思いはあります」

地元北海道には「味方がたくさいるので、何も不安はない」

 中学時代、ファイターズジュニアでプレーした経験を持つ。2004年には、札幌ドームの中堅席に設置された「SHINJOシート」に座り、観戦。プレゼント用の座席カバーを大事に持ち帰り、自室に飾っていた。

 来季から憧れだった新庄監督の下で、戦う。「ワクワクしかない。監督さんにチームを引っ張ってくれ、と言ってもらいました。北海道には僕の味方がたくさんいるので、何も不安はないです」。オリックス日本一の陰の立役者が、ファイターズ大逆襲の切り札になる。

あわせて読みたい