ファイターズ
2024/06/22 00:35

清宮幸太郎 2試合連続のタイムリー フリー打撃でも柵越え連発「もうちょいっすね」

七回2死一、三塁、勝ち越しの適時二塁打を放つ清宮=撮影・桜田史宏

■パ・リーグ8回戦 楽天9-9日本ハム(6月21日、エスコンフィールド北海道)

戻ってきた勝負強さ あとはオーバーフェンスだ!

 ここから波に乗っていく。日本ハムの清宮幸太郎内野手(25)が「2番・一塁」で先発出場し、同点の七回に一時勝ち越しとなる右翼線への適時二塁打を放った。

 18日の阪神戦(甲子園)でも代打タイムリーを放つなど、2試合連続でチャンスをモノにした。あとは誰もが待ち望んでいる今季1号の放物線を描くだけだ。

初球を仕留めた 二塁上で満開笑顔&ガッツポーズ

 二塁ベース上で渾身の〝右アッパー〟がさく裂した。3-3で迎えた七回2死一、三塁。清宮のチャンステーマであるQueenの「I was born to love you」が流れた。期待感が充満する中、清宮は初球から仕掛けた。楽天・宋が投じた138キロのチェンジアップを強振。快音を残した打球は右翼線を抜けて行った。

七回2死一、三塁、勝ち越し打を放ち、ガッツポーズをする清宮=撮影・村本典之

 

まさに読み通り してやったりの一打 

 「シュートとチェンジアップと頭にあって、外に逃げる球が多いので、そのイメージを持ちながら打席に入ろうと思ってました」と、甘く入ってきた球を逃さなかった。

予感あり 試合前練習から納得の打球

あわせて読みたい